loading

windA

Futsal Boys フットサルボーイズ!!!!!

NEWS Check the announcement

EVENT

Date.
2020 / 11 / 24

【イベントレポート】はじめまして!練習試合応援ミニイベント 第2試合 恒陽学園VS皇花山学園

【イベントレポート】はじめまして!練習試合応援ミニイベント 第2試合 恒陽学園VS皇花山学園

line

 

 2020年11月22日(日)に開催された、『フットサルボーイズ!!!!! 』キャストメンバーによるはじめてのフットサル練習試合イベント「はじめまして!練習試合応援ミニイベント 第2試合 恒陽学園VS皇花山学園」 。
 第1試合で見事勝利を勝ち取った恒陽学園と、絶対王者・皇花山学園のキャストメンバーが、ガチンコの真剣勝負を行いました!
 こちらの模様はYouTube LiveおよびPeriscopeにて無料生配信(現在はアーカイブ配信にて視聴可能)。現地は無観客で開催となりました。

 

恒陽学園&皇花山学園のキャストメンバー登場!
 恒陽学園・皇花山学園の両チームのキャストメンバーが各学校の応援ソングと共に入場。両チームのキャプテンによる選手宣誓を合図に、フットサル練習試合がスタートしました!

 

 

ガチンコのフットサル試合!勝利の行方は…!?

 前半7分・後半7分・ハーフタイム5分の練習試合。コイントスにより、恒陽学園からのキックオフとなりました。 

 開始早々から恒陽学園が怒涛の攻めを見せ、次々とシュートを打ち込みます。しかし、皇花山学園のゴレイロ(キーパー)世良龍太朗役・下川草介さんが飛んでくるボールを全て止めるファインプレーをみせ、恒陽学園の得点を防ぎます。 

 

 しかし、先制点を奪ったのは恒陽学園!決めたのは、先日の第1試合で「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた、キャプテン月丘柊依役・吉原康平さん!

 対する皇花山学園もキャプテン朝比奈碧役・奥山敬人さんとガルシア・エミリオ役・小塚亮輔さんを中心に攻撃を展開。両チーム攻めに攻める怒涛の試合運びとなりますが、1-0のまま前半は終了しました。

 

 後半も開始直後から両者の激しい攻撃が繰り広げられます。皇花山学園がキックオフから意表を突いた攻撃を見せるも、先にゴールを揺らしたのは、またもや恒陽学園!幸永椿貴役・山口諒太郎さん、榊星一郎役・石森周斗さんと繋がれたボールを受け取った、月丘柊依役・吉原康平さんがミドルシュート。このシュートはゴレイロにはじかれますが、ゴール前に詰めていた南雲竜役・古田一紀さんが、こぼれたボールをそのままゴールに押し込みました!恒陽学園の見事な連係プレーで、絆を見せつけました!

 

 皇花山学園も負けじと、蓮美朔役・木津つばささんがドリブル突破をみせたり、攻撃の起点となるパスを多く出すなど活躍。ガルシア・エミリオ役の小塚亮輔さんも強いミドルシュートを放つなど、皇花山学園が矢継ぎ早に攻撃を仕掛けますが、ゴールには一歩届きません。

 恒陽学園も追加点を果敢に狙い、後半も激しい試合展開でしたが、得点は動かないまま試合終了。結果は2-0で恒陽学園が勝利を掴みました。

 

 

 試合後は、最も印象的な活躍をした選手に贈られる「マン・オブ・ザ・マッチ」の発表とインタビュー。選ばれたのは、恒陽学園の2得点目を決めた南雲竜役・古田一紀さん!

 皇花山についての印象は「皇花山学園はパス回しがうまいのでディフェンスが大変だった。」とのこと。得点のシーンで、ボールが目の前にこぼれてきた時の気持ちを訊かれると、満面の笑顔で「いただきまーす!」と思ったとこたえました。冒頭の登場時に飛び出した「今日は秘密の技で皇花山を倒します!」という宣言を有言実行し、漢気溢れる南雲竜にも通じる一面を見ることができました。

 

試合の後はトークにチャレンジ!

 試合の振り返りトークでは「(皇花山学園には)試合中にも王者の風格を感じた」という月丘柊依役・吉原康平さん。朝比奈碧役・奥山敬人さんは「選手宣誓がとても緊張し、事前に練習をした」というエピソードを披露。皇花山学園のキャストメンバーは、「負けたことは悔しいが、試合の悔しさもバネに次は勝利したい!」と強い気持ちを伝え、ライバルに刺激をもらったことが次の成長に繋がるような様子が見られました。

 

 また、天王寺刻成役・川島慶嗣さんは、今後の試合に出場するチームに対して、「練習で使っているコートよりも狭く、試合展開がいつも以上に早いから、体力作りが大切だ!」とアドバイスを送りました。

 

 ゲームコーナー”教えて!?フットサルボーイズ!!!!!”では、お題に対してMC松下シュートさんが「ナイスシュート!」と思った回答に、「まりたまくんメダル」が付与され、メダルをより多く獲得したチームが勝利となります。

 

 実は、皇花山学園のキャストメンバーがイベントに登場するのは今回が初めて。そのこともあってか、蓮美朔役・木津つばささん、水無瀬涼佑役・石井孝英さん、ガルシア・エミリオ役・小塚亮輔さんの三人は、ゲーム開始前から「爪痕を残す!」と張り切って謎の動きをしはじめるなど、波乱の予感でゲームがスタートしました。

 

 「練習試合がある日の朝、チームメイトにモーニングコール。担当選手なら何と言って起こす?」というお題では、皇花山学園の朝比奈碧役・奥山敬人さんが「もしもし、刻成。今日はいつもと違う起こし方しちゃった。おなかすいちゃったな、カフェオレ作ってくれる?今日の練習試合、頑張ろうね」と、天王寺刻成に向けたセリフでナイスシュート!
 恒陽学園の南雲竜役・古田一紀さんの回答では、古田さんが「起きろ!!泰雅!!」と言うと、天門泰雅役・坂井易直さんがパーテーション越しに「起きる!!」と返事をするというコンビネーションプレーを披露して、ナイスシュート!
  
 続いて、「南雲竜役・古田一紀さんと世良龍太朗役・下川草介さんは15秒間で何回腕立て伏せができる?」という問題では、指名された二人がその場で腕立て伏せにチャレンジし、他のチームメイトが回数をぴったり当てられればポイント獲得。先攻の古田さんが26回という好記録をマークするも、ピタリ予想は出ず、恒陽学園は無得点。一方、後攻の下川さんのチャレンジに対して、蓮美朔役・木津つばささんが回数は答えずに下川さんのイラストを描いていたという珍プレーを見せつつも、天王寺刻成役・川島慶嗣さんが見事ピッタリとなる「27回」と予想し、1ポイントをゲットしました。

 

 「恒陽学園の天門泰雅役・坂井易直さんが漫才コンビを組みたいキャストは誰?」というお題では、チームメイト5人のうち4人が「古田さん」と予想。「古田リーチ」がかかり、大量得点に期待が膨らみます。しかし、坂井さんの回答は、まさかの「松下シュートさん」。チームメイトから「キャストではない!」と総ツッコミを受けました。
 その後も両校ポイントを獲得し、最終結果は恒陽学園が9ポイント、皇花山学園が12ポイント!トークパートでは皇花山学園が勝利となりました!  

 

 

 

 

感謝の気持ちを直接お届けオンラインお見送り会!

 イベント終了後は、「応援ありがとう!オンラインお見送り会」を実施。恒陽学園キャストメンバー・皇花山学園キャストメンバー、それぞれのチーム全員が、当選されたお客様一人一人と直接言葉を交わして「応援ありがとう」の気持ちをお届けしました!

 

 第2試合でも、応援してくださる皆様に、メンバーの真剣に頑張る姿をお届けすることができました。

 キャストメンバー&選手一体となってこれからも頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いします!

 

試合終了後の選手からメッセージを公開!

今回のキャストによる練習試合イベント第2 試合を終えて、両チームの選手たちからの、応援してくれた皆様へ向けたメッセージを公開します!

 

 

●イベントのアーカイブ配信はこちらから!

1. YouTube Live
 フットサルボーイズ!!!!!YouTubeチャンネル 

2. Periscope
 フットサルボーイズ公式Twitter(@futsal_boys)

 

  • tw
  • line
  • fb

NEWS TOP!!!!!

windB

windC

ball